メール本文

メール本文のバックアップ方法

MENU

アウトルックエクスプレスメール本文のバックアップ法

Outlook Expressのメールデータが格納されているファイルを検索します。

 

  1. Windowsのスタートボタン→検索→ファイルとフォルダすべてを選択。 詳細設定オプションをクリックした画面で、「システムフォルダの検索」「隠しファイルとフォルダの検索」「サブフォルダの検索」にチェックを入れてください。
  2. 「探す場所」が「ローカルハードドライブ(C:)」になっているかどうかを確認ください。
  3. 「ファイル名のすべてまたは一部」に「dbx」と入力し、 検索ボタンをクリックし、検索結果を待ちます。
  4. 検索結果、表示されたファイルを、コピーしてバックアップ保存してください。

 

WindowsXPなどでは通常、
C:\Documents and Settings\ユーザー名\Local Settings\Application Data\Identities\{英数字}\Microsoft\Outlook Expressフォルダ内にあります。

 

ディレクトリーが表記する意味は、Cドライブ内にある、Documents and Settingsフォルダ内にある設定したユーザー名の隠しフォルダの下層にあるということです。

 

データの保存場所

 

[備考]
Outlook Expressのデータファイルは、普段目に付きにくいディレクトリの階層に保存されています。検索機能よりも早く、保存場所を確認するには、 Outlook Expressを起動し、[ツール] → [オプション] → [メンテナンス] → [保存フォルダ]で確認が可能です。[保存フォルダ]のアドレスを右クリックでコピーし、[マイコンピュータ]のアドレス欄にペーストして、移動するとOutlook Expressのデータ保存フォルダを確認できます、全てのファイルを保存するか、1階層上のOutlook Expressフォルダを丸ごとコピーしても保存可能です。

 

データ復旧サービスに関するお問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

アウトルックエクスプレスメール本文のリカバリー方法

  1. Outlook Expressを起動する。
  2. メニューの[ファイル] → [インポート] → [メッセージ]を選択。
  3. 「Outlook Express 」を選択し、次へボタンをクリック。
  4. 「Outlook Express ストアディレクトリからメールをインポートする」を選択し、OKボタンをクリック。
  5. 参照ボタンをクリックし、メールをバックアップしてある場所を指定してください。
  6. バックアップしたすべてのフォルダを戻したい場合は「すべてのフォルダ」を選択します。
  7. 一部のフォルダだけを戻したい場合は「選択されたフォルダ」にチェックを入れ、戻したいフォルダを選択してください。
  8. 次へボタンをクリックすると、メールがインポートされます。

 

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671