データ復旧事例ビデオカメラCANON製iVISHFR81

ビデオカメラCANON製iVISHFR81/32GB沖縄県在住男性:データ復旧事例

MENU

ご依頼品メディア

ビデオカメラCANON製iVISHFR81

ご依頼品台数 1台
ご依頼品メディアメーカー CANON
型番(モデル) iVISHFR81
付属品 AC/USBケーブル/バッテリー
内蔵記録メディア容量 32GB

お客様の感想

ブレインネットワーク様にてデータを復旧いただきました!!

 

ビデオカメラと復元データのハードディスクを昨日、娘の元に届け、ハードディスクの説明書の注意書きとか、カメラの劣化損傷についてもメモを書いておきました。

 

その後、娘から記録していたデータ全てがバッチリ戻ってると連絡があり、ホッと胸をなでおろし漸く安心したところです。

 

いろいろとご面倒をおかけしましたが、データを復旧いただきありがとうございます。

障害発生日および障害発生時の状況について

2016年の6月8日(水)、6月5日(日)に撮影したシーン約2GB分のデータをパソコンに移動しました。

 

移動終了後パソコンとの接続を外し、カメラに残っていた「?マーク」のついた11シーンのサムネイル(?)を消去しようとしたとき、カメラの液晶画面に「6月5日」「選択消去」「全て消去」という三つのボタン表示が出たので、「全て消去」ボタンを押した後、録画記録画面を開いて見たところ「画像はありません」と表示され、初めて全消去してしまった誤操作に気がつき電源を切った。

 

その後パソコンに接続して電源を入れたところ、メモリーが全て空いていた。その後は新たな録画はしていない状況で依頼いたしました。

障害発生後の作業について

  1. 近在のビデオ撮影店で復旧について尋ね、サービス事業者は県内には存在しないことと、偶々店主が県内紙載った記事を複写してあった会社を教えられた。
  2. ネット検索により、当方の事例の場合では復元の可能性が比較的高いように思われたため、教えられた会社に連絡し宅急便の手配まで先方に依頼してから、ネット検索を続けたところ教えられた会社の評判がはかばかしくなかったこともあり、依頼を取り消した。
  3. ネット検索で当方の事例が復元できるとの希望を持たせてくれた会社(●●セキュアサービス)に電話して見たところ、復元作業に3.5万円、復元データを収納するHDDに1万円程度、送料等を含めて5万円程度の費用が掛ると言われ、更に当方のような場合は復元データをブルーレイディスクに収納してくれる事業者に依頼したほうが良いと言われた。結局、(●●セキュアサービス)では復旧できず、ブレインネットワークに依頼しました。

ご依頼品メディアの購入時期について

今回、データ復旧の依頼をしたCANON製iVISHFR81/32GBは2012年にコジマ電器那覇店で娘が購入したものです。

 

そのためカメラ本体の所有は娘夫婦であり、機器の経年劣化については新規購入により対応出来るのでさほど問題はありませんが、当方としては孫たちの記録が失われないことが最大の望みで、そのための出費は受容しますけれど、恥ずかしながら当方は平均以下の年金受給者のため、出来れば5万円程度に収まると有難いと思い復旧の依頼を致しました。

 

このキャノン製iVISHFR81のメディアの容量は32GBと機器にかかれていました。そのうちの音声を含む全ての写真データの復旧を希望していました。拡張子については分らないのですが、当方が自分の分としてパソコンに移動した画像にはAVCHDビデオの表示がついていました。

データ復旧後のまとめ

ご依頼品メディア型番:CANON製iVISHFR81の内蔵記録メディアであるHDDは劣化読み取り障害が発生しており、正常に読み書きできませんでした。

 

このような障害は購入から4年以上経過した記録メディアに多い症例です。
製造年月日の記載でも12年製と記載もありましたが、やはり劣化が進んでいる状態でした。
今回の直接的な問題はデータ削除とのことですが、記録メディアにもかなりのトラブルが発生していました。

 

過去、弊社での類似したメディア障害の復旧事例では90%以上の復旧率がありますが、
お客様が復旧希望されていた全てのデータを復元出来、無事にお手元に戻すことができ大変うれしく思います。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

ビデオカメラCANON製iVISHFR81/32GB沖縄県在住男性:データ復旧事例関連記事

BUFFALO製HD-LB2.0U3を机の上から落下させてしまい、その後PCで認識不可:データ復旧事例
法人、個人を問わず、机の上からなど高いところからUSB外付けHDDやノートパソコンを落としてしまうトラブルが発生することがあります。そのような場合、ほとんどのケースで内蔵のハードディスクはヘッドやモーターの軸受けなどが故障し正常に認識されなくなります。そんな物理障害でもデータ復旧は可能です。
スマートフォンのMicroSDカード32GBの認識不良 東京都在住女性:データ復旧事例
スマホで使っていたAU製のマイクロSDカード32GBの認識不良のトラブルでした。弊社依頼前に電気メーカー大手の「メディア復元サービス」を利用されていましたが、そこでは、修復不可と診断されたものでした。約3000枚すべての写真データを復元いたしました。
BUFFALO製TERASTATION TS-0.3TGL/R5|長野県の法律事務所様 物理障害HDD2台クラッシュとRAID崩壊のデータ復旧事例
バッファロー製のテラステーションやリンクステーションは手ごろな値段のファイルサーバーとして個人だけに限らず、中小企業にも人気があります。その一方、ハードディスクがクラッシュした場合のデータ復旧は困難を極め、個人ではまず復元することは難しいでしょう。特にTERASTATIONは内蔵HDDが4台ほどあるケースが一般的で、ハードディスクの故障と併せてRAID崩壊を起こしやすい傾向があります。
リンクステーションバッファロー製LS-WH2.0TGL/R1にアクセスできない!:データ復旧事例
本社建物のリンクステーションバッファロー製LS-WH2.0TGL/R1の2台が建物管理メンテナンスで停電後アクセスできない状態に。
テラステーションTS-8VH24TL/R6バッファロー(BUFFALO)製のデータ復旧事例:医療法人社団様・東京都