バッファロー製LS-WH2.0TGL/R1

リンクステーションバッファロー製LS-WH2.0TGL/R1にアクセスできない!:データ復旧事例

MENU

電気設備の点検のため停電後、NASが認識不良

バッファロー製LS-WH2.0TGL/R1

BUFFALO製のLINKSTATION(LS-WH2.0TGL/R1)にビルの施設管理停電後にクライアントの各パソコンからアクセスできない状態になりました。土曜日の午前中に電気設備の点検のため、横浜本社で午前中に停電を実施。

 

月曜日の朝、バッファロー製のリンクステーションLS-WH2.0TGL/R1の電源が入らないという事象が発生。同じ症状なのがもう一台あり、合計2台のNASが利用できなくなってしまいました。本社の他10台のサーバーには、そのような事象は現れておりません。また、過去、何度か電機や施設点検のため停電しましたが、今回のようなNASにアクセスできない事象は起こっておりませんでした。

 

このBUFFALO製のLINKSTATIONであるLS-WH2.0TGL/R1はRAID1で運用していたため、内蔵のハードディスクを取り外し、他のパソコンで認識できるかをチェックしてみましたが、BIOS上でも認識されておらず、またUSB外付けケースに入れて確認してみましたが、コンピュータの管理画面やマイコンピュータでも認識できず、ブレインネットワークさんに依頼する運びとなりました。

 

他社にも何社か問い合わせをしましたが、バッファロー製のリンクステーションLS-WH2.0TGL/R1が2台で、内蔵HDDが合計4台あることから、調査復旧には2、3週間はかかる可能性があるという話でした。

 

データには、業務に必要な情報が入っており、こちらの都合で大変、申し訳なかったのですが、月曜日の朝から業務に大変な支障が出ており、ブレインネットワークさんに早急な調査と復旧の対応をお願いしました。

 

 

予想以上に早く、データの調査ならびにデータ復元を実施していただき、以前、保存してあったエクセルやワード、PDF、写真データなどを戻していただきました。元の状態にすることができ何とか業務を引き続き支障なく再開することが出来ました。ありがとうございました!!

データ復旧サービスに関するお問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671


NASの電源が入ったままで停電があるのは危険

LS-WH2.0TGL正面

社内にあった12台のNASのうち、2台がLAN上で認識できなくなった事例でした。そのきっかけは建物の【電気設備点検の停電】だった訳ですが、リンクステーションに限らず、ビルの停電は電子機器が壊れる原因になります。

 

電源がONになっていなければ、左程気にする必要はありませんが、デスクトップPC、ノートパソコン、USB外付けHDDなどを問わず、電源がONの状態で、停電を起こすと、基盤を始めとした各パーツが壊れやすくなります。

 

ノートパソコンはバッテリーがあるので、万が一、急な停電があっても、シャットダウンすることはありませんが、それでもバッテリー残量や経年劣化には注意が必要です。


無停電電源装置があっても安心はできない

無停電電源装置

また過去、電気設備点検の停電があってもNASなどのパソコン環境が平気だったからといって、必ずしも安全なわけではありません!停電があることが分かっているのに、電源を落とさずに稼働させ続けるのはギャンブルです。

 

NASなどの重要データが保存してあるサーバーは無停電電源装置を経由して電源供給をすることは勿論、計画停電が予定されている場合には、あらかじめ全ての電子機器の電源をオフにしておくことが大切です。また、念のためにコンセントからも抜いておくことが基本です。


ビルの停電と類似したトラブル発生原因

LS-WH2.0TGLのカバーケースを外した状態

停電の類似したトラブルには落雷があります。季節の変わり目によく起きやすく、年に3回〜6回ほどは周囲で落雷があると思って良いでしょう。落雷が原因で起こるトラブルの発生回数は想像以上にあるものです。その分、電子機器が故障する可能性が高いわけです。

 

落雷の場合、ある日突然というケースが多いかもしれませんが、ビルの計画停電は予想しやすいので、社内にシステムエンジニアが常駐している場合には工事業者と打ち合わせをし、あらかじめ対策をとることができます。


一般家庭でも起こりやすい電気トラブル

このように電気的なパソコントラブルは会社では建物の【電気設備点検の停電】による事故が起きやすく、一方、一般家庭では所謂ブレーカー落ちが原因で、テレビやブルーレイレコーダー、パソコン、電話などの電子機器のトラブルが発生しやすいといえます。

 

そのためエアコンやドライヤー、電子レンジ、乾燥機付き全自動洗濯機など、電気をよく使うものを扱うときは同時に使用しないように注意が必要です。

停電で壊れやすい箇所

電気的なトラブルが起こった場合に、特に壊れやすいのは基盤です。またデスクトップPC、ノートパソコン、USB外付けHDD、BUFFALO製のLINKSTATIONなどのNASの場合、内蔵されているハードディスクのファイルシステムが破損しやすくなります。

 

その他、電源、モーター、ヘッドなどの電子部品が壊れやすい代表的なパーツです。

 

落としたわけでも、潰したわけでもないのに、停電や落雷、ブレーカー落ちなどが、たった1回起こるだけで、データ消失事故に繋がりやすいので注意しましょう。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

リンクステーションバッファロー製LS-WH2.0TGL/R1にアクセスできない!:データ復旧事例関連記事

ビデオカメラCANON製iVISHFR81/32GB沖縄県在住男性:データ復旧事例
、「全て消去」ボタンを押した後、録画記録画面を開いて見たところ「画像はありません」と表示され、初めて全消去してしまった誤操作に気がつき電源を切った。
BUFFALO製HD-LB2.0U3を机の上から落下させてしまい、その後PCで認識不可:データ復旧事例
法人、個人を問わず、机の上からなど高いところからUSB外付けHDDやノートパソコンを落としてしまうトラブルが発生することがあります。そのような場合、ほとんどのケースで内蔵のハードディスクはヘッドやモーターの軸受けなどが故障し正常に認識されなくなります。そんな物理障害でもデータ復旧は可能です。
スマートフォンのMicroSDカード32GBの認識不良 東京都在住女性:データ復旧事例
スマホで使っていたAU製のマイクロSDカード32GBの認識不良のトラブルでした。弊社依頼前に電気メーカー大手の「メディア復元サービス」を利用されていましたが、そこでは、修復不可と診断されたものでした。約3000枚すべての写真データを復元いたしました。
BUFFALO製TERASTATION TS-0.3TGL/R5|長野県の法律事務所様 物理障害HDD2台クラッシュとRAID崩壊のデータ復旧事例
バッファロー製のテラステーションやリンクステーションは手ごろな値段のファイルサーバーとして個人だけに限らず、中小企業にも人気があります。その一方、ハードディスクがクラッシュした場合のデータ復旧は困難を極め、個人ではまず復元することは難しいでしょう。特にTERASTATIONは内蔵HDDが4台ほどあるケースが一般的で、ハードディスクの故障と併せてRAID崩壊を起こしやすい傾向があります。
テラステーションTS-8VH24TL/R6バッファロー(BUFFALO)製のデータ復旧事例:医療法人社団様・東京都
バッファロー製NASのTeraStationTS-8VH24TL/R6が故障。認識しない・アクセスできないトラブルのデータ復旧事例
BUFFALO製のポータブルHDD(型番:HD-PCT1TU2-BWJ)が認識しない
バッファロー製HD-PCT1TU2-BWJが故障。パソコンからアクセスできないトラブルのデータ復旧事例
BUFFALO(バッファロー)製HS-DH2.0TGLにアクセスできない!:データ復旧事例
バッファロー製NASのTeraStationHS-DH2.0TGLの内蔵ディスク2台が故障。ファイルにアクセスできないトラブルのデータ復旧事例