データ救出

パソコンを正常起動させる方法と、データの救出作業はまったく違う

MENU

パソコンメーカーのサポートでは修復できないケースもある

パソコンを使う機会が多くなると、「急に動かなくなった!」というトラブルにあうケースが増えてきます。また実はパソコンを正常起動させる作業とデータを取り戻す作業はまったく別なものです。なので順番を間違うとパソコンは起動できるようになっても、データは消失するので特に注意が必要です。

 

パソコンを使う機会が多くなると、「急に動かなくなった!」というトラブルにあうケースが増えてきます。

 

また実はパソコンを正常起動させる作業とデータを取り戻す作業はまったく別なものです。なので順番を間違うとパソコンは起動できるようになっても、データは消失するので特に注意が必要です。

 

パソコンに詳しい方は、その対処の内容をよくご存知と思いますが、初心者やシステムに詳しくない方は、「サポートセンターに問い合わせて、言われるままに操作し、オペレータの進めるままに作業してみてもダメだった。」という経過をたどることがほとんです。

 

最近では外国にメーカーのサポートセンターがあるケースがあります。外資系メーカーでは特に中国などにサポートセンターがある場合も多く、日本語が話せても文化なども違うため、電話上のトラブルも良く発生します。

 

最悪なのは、「このまま作業を進めるとパソコンを初期化することになりますがよろしいですか?次に電話してこられたときは有料になりますので、今、サポートを続けるかどうか判断してください」と言われて、有料になるのは嫌だと思い、初期化リカバリーしてしまう人がいることです。

 

メーカーだけが悪い訳ではありませんが、サポートセンターの指示どおり実施して、データを消去してしまったというトラブル事例は結構よくあるのです。

 

データ復旧サービスに関するお問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

 

 

破損場所が、システム OR ハードディスクなのかを確認する

 

1)電源を切る

 パソコンに異常がおきたら、まず電源を切ります。

 

2)セーフモードで立ち上げる

 ・再度電源を入れ、起動画面が表示されている間に「F8」キーを押す
 ・<オペレーティングシステムの選択>の画面が出たら、もう一度「F8」キーを押す。
・「セーフモード」を選ぶ

 

3)ここでトラブルの原因が分かります。

 

 ・システムエラーが起こっている場合…
  最小限の操作のみが出来るようになります。

 

 ・ハードデイスクのトラブルだった場合…
  セーフモードは起動せず、操作不可能になります。

 

4)問い合わせしたオペレータにこのように聞かれませんでしたか?

 

 Q1『パソコンを正常に動くようにしたいですか?』
 Q2『ハードデイスクの中のデータを守りたいですか?』

 

 希望によって、次の作業が違ってきます。

データは必要ない場合

『データは保存してあるので、ハードディスクのデータは必要ないので、
パソコンを正常に動くようにしたい』場合は…

 

メーカーのサポートセンターに電話をして修理を依頼します。
だいたい3万円程度の修理費用がかかりますが、直ります。

 

こんな注意もされたと思います!
「ハードデイスクの中のデータは全て消えてしまうので注意が必要です!」
ハードデイスクの交換やフォーマットの初期化を行なってしまうため、
既存のデータは全て消えてしまうのです。

 

 

 

ハードデイスクの中のデータを守りたい場合

パソコンメーカーでは、データの復旧サービスは行っていません。
パソコンメーカーはハードディスクを交換し、
メーカーの工場出荷状態に戻すだけです。

 

大変な作業は何もしてくれません。

 

 

その点、弊社データ復旧サービスではお客様のデータを業界標準価格よりも格安でおこなっております。

 

まずはデータを安全に取り出した後に、ハードデイスクを交換し、パソコンを起動させることが出来ます。
また、故障を機に新品のパソコンを購入すれば、スグに元の状態でデータを確認し、故障以前同様に使うことができます。

 

 

 

また「データ復元ソフト」がありますが、
二度とデータが戻らなくなってしまった悲しい例が多くあります。
●インストールを失敗した
●大切なデータの上に新しいデータが上書きされてしまい、大切なデータが消えてしまっった

 

「自分でデータを戻せるかもしれない。」という淡い期待は抱かないことが賢明です。
どうしても試したいのなら、消えても良いデータでの場合だけトライしてください。

 

まずは、パソコンに異常が見られたら、
☆ 一切、何もいじらず、電源を落とす
☆ 余計ないことを試さずに、弊社データ復旧サービスをご利用ください。

 

 

大切なデータを消さないために、必要なことですでご注意ください。

 

 

 

 

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

パソコンを正常起動させる方法と、データの救出作業はまったく違う関連記事

ハードディスクの故障は夏場に多い!?
HDDの故障率は年間を通じて微妙に違います。特に気温と湿度が精密機器に大きな影響を与えます。そのためデータセンターなどでは
外付けハードディスクのデータ復旧方法
USB接続の外付けHDDの故障には主に2つのケースがあります。
リンクステーション(BUFFALOバッフォロー)製の故障トラブル
バッフォロー製のリンクステーションやテラステーションはNASと呼ばれるネットワークサーバーとして使用されます。OSが複数存在する環境下でも使用できるようにファイルシステムが特殊です。ですが
SDカードやUSBメモリーの故障は冬場に多い!?
ハードディスクはその構造から春から夏にかけて故障率が高くなる傾向があります。その一方、SDカードやUSBメモリーはその構造上・・・
データの削除と上書きをしてしまったパソコントラブルはどうしたら良い!?
企業や個人に関わらず、パソコンを使用していて良くあるトラブルにデータの削除と上書きがあります。本人の勘違いや誤操作が主な原因ですが、相談件数が非常に多いのが特徴です。
データ復旧では論理障害が軽いとは限らない
一般的にハードディスクに代表される記録メディアの故障には論理障害と物理障害があります。物理障害は機械的なトラブルのため料金も高くなりますが実は論理障害の方がトラブルとしては厄介です。
メディア別の良くある故障とは?パソコンやUSBメモリー、外付けHDDのトラブル率
ハードディスクに代表される記録メディアはそれぞれ寿命があります。小型なものほど寿命は短い傾向があります。また故障トラブルもそれぞれ違います。
データを保存するには必ずファイルシステム(フォーマット型式)が必要
ハードディスクに限らず記録メディアは必ずフォーマットしなければ使えません。ファイルシステムとも呼ばれますが同義です。
ウィンドウズXPの買い替えで8の特需。でもそれだけではセキュリティは守れない!?
あなたはOSを最新に変えただけで安心していませんか?実はOSを入れ替えただけではウィルスの驚異は減りません。一時的な効果はあっても、逆に・・・
「GPT保護パーティション」とは何なのか?
「GPT保護パーティション」とは「GUID Partition Table」の略称です。ウィンドウズOSで管理できるハードディスクのパーティションにはMBR形式とGPT形式の2種類があります。
外付けハードディスクを机の上から落としたり、倒したりするとどうなる?
ハードディスクの故障には自然発生的なものと人為的なものがあります。USB接続タイプの外付けHDDは人為的なトラブルが発生しやすく、また2次災害も起こりやすいので注意が必要です。
パソコンを処分リサイクルをするにはどうしたらよい?
パソコンの処分リサイクルをするには「PCリサイクルマーク」が付いているものと付いていないものと違います。また料金もノートパソコン、デスクトップパソコンなど種類や形状で違ってきます。
HDDの寿命と少しでも長持ちさせる対策方法とは?
ハーディスクは消耗品です。ですが、使い方や環境でかなり寿命は変化します。少しでも長く利用し続ける方法をご紹介。
Windows10にアップデート後に不具合発生!
ウィンドウズ10にアップグレードした方が良いのかどうか?Windowsユーザーが気を付けなければいけない自動アップデートとは?
あなたは大丈夫?SDカードのデータは3年以内に消える!?
SDカードなどのフラッシュメモリー系を製造販売している会社にはサンディスクや東芝、ソニーなどのメーカーがあります。これらメーカーではSDカードの寿命は通常、5年から10年程度と云われていますが、実際は
Windows Vista(ビスタ)のサポート終了!どうしたら良い?
Vista(ビスタ)はXPの後継として販売されたOSですが、発売から10年以上も経過しているため、様々なトラブルが発生しやすくなっています。特に深刻なのはHDDの経年劣化による故障です。2011年以前に購入した人は特に注意が必要です。
冗長化とは
暗号化のメリットとデメリット
データの暗号化はこのような情報漏えいのリスクが減るメリットがある一方でデメリットも存在します。