SDカード

あなたは大丈夫?SDカードのデータは3年以内に消える!?

MENU

SDカードの本当の寿命な何年くらい!?

LSDカード

SDカードに写真や音楽データを保存している人はけっこう多いと思うのですが、実はSDカードに大切なデータを保存しておくことは、非常に危険な行為なんです。

 

何故かというと、SDカードやマイクロsdカードはあまり長期保存には向かない記録メディアだからです。

 

非常に高い確率で、2、3年後にはデータが消失してしまうか、SDカード自体を認識しない!またはフォーマットされていません!フォーマットしてください!!といったエラーが発生します。

 

SDカードなどのフラッシュメモリー系を製造販売している会社にはサンディスクや東芝、ソニーなどのメーカーがあります。これらメーカーではSDカードの寿命は通常、5年から10年程度と云われていますが、実際は2年から3年程度がひとつの目安になるでしょう。

 

 


記録メディアの種類と使用可能な年数

記録メディアの種類 使用可能な年数
USBメモリー 1年から2年程度
SDカード 2年から3年程度
ハードディスク 3年から4年程度
CD-RやDVD-R 5年以上

データの長期保存に向いている記録メディアは?

SDカードやマイクロSDカード、USBメモリーなどはフラッシュメモリー系と呼ばれており、電気によってデータの読み書きを行っています。特徴としては、記録メディア全体にデータを分散し書き込むため、ハードディスクのように特定箇所が読めないといったトラブルが発生しづらいメリットがあります。

 

一方で、一旦、読み込みや書き込みエラーが発生すると、あらゆる箇所で読み込み書き込みエラーが発生するため、保存してあったデータが全滅!
または万遍なくデータが破損しているといったトラブルが良くあります。

 

一方、CD-RやDVD-Rなどは、温度や湿度、ホコリや日光などを管理しながら保存しておけば数十年はデータの保存が可能とも言われています。
また中には冷蔵庫でCD-RやDVD-Rを保存しているという人もいます。

 

そのため、長期に渡ってデータを保存するなら、SDカードなどのフラッシュメモリー系ではなく、CD-RやDVD-Rなどを使った方が安全です。最近ではサーバーの一部に光ディスクを使用したデータ保管もあります。但し、CD-RやDVD-Rは記録面を爪で引っ掻いたり、何かにぶつけてしまうとスグに読み込めなくなるので取扱いに注意が必要です。

 

SDカードやマイクロSDカードなどは、スマートフォンやデジカメなどで撮影した写真や動画が多く保存しているケースがあるため、万が一、データが消えてしまった場合、かなりショックが大きいと思われますので、データのバックアップ先の検討は勿論、データのバックアップ更新頻度には気を付けた方が良いでしょう。

 

データ復旧サービスに関するお問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

 

メモリーと呼ばれる種類とデータ保存容量

「SDカード」はデジカメやスマホ、ビデオカメラなどで良く使われています。またより小型化された「microSDカード」もあります。

 

この「SDカード」や「microSDカード」の最大容量は32GBです。

 

同じ見た目の規格に「SDXCカード」「microSDXCカード」がありますが、これらは最大データ保存容量が64GB以上となっています。

 

microSD/microSDHC/microSDXCカードはSDカード変換アダプタを使用することによってSDカード用の機器でも使用することができます。これらmicroSD/microSDHC/microSDXCカードは非常に小さく、大きさは子供の爪の上にも載るほどなどで逆に持ち運びに不便です。そのため最初からアダプタが付属したモデルを購入した方が持ち運びにも後々便利です。

 

また一般的にメモリーと呼ばれる種類には下記のようなものがあります。

 

  1. USBメモリ
  2. メモリーカード
  3. SDメモリーカード
  4. メモリースティック
  5. スマートメディア
  6. xDピクチャーカード
  7. コンパクトフラッシュ

 

関連記事

 

 

SD スピードクラスについて最低保証速度

スピードクラス(最低保証速度)

これらメモリーカードはサイズ、容量が違うだけではなく、実は速度にも大きな違いがあります。例えばSDカードには『SDスピードクラス』のロゴが通常表記されています。SDスピードクラスとは、統一された速度規格のことです。 データの読み込みや書き込みの最低保証速度をスピードクラスとして表記しています。

 

スピードクラス 最低保証速度
class2 2MB/sec
class4 4MB/sec
class6 6MB/sec
class10 10MB/sec
UHS-I(Ultra High Speed I) 10MB/sec
UHS-III(Ultra High Speed III) 30MB/sec

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

あなたは大丈夫?SDカードのデータは3年以内に消える!?関連記事

ハードディスクの故障は夏場に多い!?
HDDの故障率は年間を通じて微妙に違います。特に気温と湿度が精密機器に大きな影響を与えます。そのためデータセンターなどでは
外付けハードディスクのデータ復旧方法
USB接続の外付けHDDの故障には主に2つのケースがあります。
パソコンを正常起動させる方法と、データの救出作業はまったく違う
良くある勘違いにパソコンが起動しなくなったら、正常に起動できるようにすれば、データ復旧しなくてもデータは取り出せるのでは?というものがあります。ある意味正解で
リンクステーション(BUFFALOバッフォロー)製の故障トラブル
バッフォロー製のリンクステーションやテラステーションはNASと呼ばれるネットワークサーバーとして使用されます。OSが複数存在する環境下でも使用できるようにファイルシステムが特殊です。ですが
SDカードやUSBメモリーの故障は冬場に多い!?
ハードディスクはその構造から春から夏にかけて故障率が高くなる傾向があります。その一方、SDカードやUSBメモリーはその構造上・・・
データの削除と上書きをしてしまったパソコントラブルはどうしたら良い!?
企業や個人に関わらず、パソコンを使用していて良くあるトラブルにデータの削除と上書きがあります。本人の勘違いや誤操作が主な原因ですが、相談件数が非常に多いのが特徴です。
データ復旧では論理障害が軽いとは限らない
一般的にハードディスクに代表される記録メディアの故障には論理障害と物理障害があります。物理障害は機械的なトラブルのため料金も高くなりますが実は論理障害の方がトラブルとしては厄介です。
メディア別の良くある故障とは?パソコンやUSBメモリー、外付けHDDのトラブル率
ハードディスクに代表される記録メディアはそれぞれ寿命があります。小型なものほど寿命は短い傾向があります。また故障トラブルもそれぞれ違います。
データを保存するには必ずファイルシステム(フォーマット型式)が必要
ハードディスクに限らず記録メディアは必ずフォーマットしなければ使えません。ファイルシステムとも呼ばれますが同義です。
ウィンドウズXPの買い替えで8の特需。でもそれだけではセキュリティは守れない!?
あなたはOSを最新に変えただけで安心していませんか?実はOSを入れ替えただけではウィルスの驚異は減りません。一時的な効果はあっても、逆に・・・
「GPT保護パーティション」とは何なのか?
「GPT保護パーティション」とは「GUID Partition Table」の略称です。ウィンドウズOSで管理できるハードディスクのパーティションにはMBR形式とGPT形式の2種類があります。
外付けハードディスクを机の上から落としたり、倒したりするとどうなる?
ハードディスクの故障には自然発生的なものと人為的なものがあります。USB接続タイプの外付けHDDは人為的なトラブルが発生しやすく、また2次災害も起こりやすいので注意が必要です。
パソコンを処分リサイクルをするにはどうしたらよい?
パソコンの処分リサイクルをするには「PCリサイクルマーク」が付いているものと付いていないものと違います。また料金もノートパソコン、デスクトップパソコンなど種類や形状で違ってきます。
HDDの寿命と少しでも長持ちさせる対策方法とは?
ハーディスクは消耗品です。ですが、使い方や環境でかなり寿命は変化します。少しでも長く利用し続ける方法をご紹介。
Windows10にアップデート後に不具合発生!
ウィンドウズ10にアップグレードした方が良いのかどうか?Windowsユーザーが気を付けなければいけない自動アップデートとは?
Windows Vista(ビスタ)のサポート終了!どうしたら良い?
Vista(ビスタ)はXPの後継として販売されたOSですが、発売から10年以上も経過しているため、様々なトラブルが発生しやすくなっています。特に深刻なのはHDDの経年劣化による故障です。2011年以前に購入した人は特に注意が必要です。
冗長化とは