セクター クラスター

セクターとクラスターとは

MENU

ハードディスク(HDD)のセクターとクラスターについて

磁気ヘッドはプラッターのヘッド面とは接触していません。プラッターが超高速で回転しているため、ヘッド面に薄い空気の膜ができて浮いているのです。

 

「トラック」 はヘッド面にある同心円状の円周のことです。このトラックを分割したのがクラスター、 さらにクラスターを分割した部分がセクターです。クラスターはOSやハードディスクの 容量によってサイズが異なります。

 

WindowsXPなどのNTFSファイルシステムの場合、1クラスターは8セクターで構成されています。

 

セクターとクラスター

 

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

 

ハードディスクの書き込みと処理

 

ハードディスクにデータを書き込む際には、1つのブロックは、512バイトを1セクターとして複数のセクターを1クラスターという単位でメモリーを経由してプログラムにデータを渡して処理します。この一連の処理を実行しているのがOSの役割です。

 

ハードディスクなどの磁気ディスクの場合は、1セクタは512バイト、光ディスクの場合、1セクタは2048バイトとなっています。

 

クラスタサイズによってディスク上のサイズが大きく違う

 

クラスタはファイル保存の最小単位です。そのためクラスタが大きく設定されているフォーマット形式の場合、小さなデータと多少大きなデータがディスク上のサイズでは同じかほとんど変わらない現象が発生します。

 

尚、クラスタサイズは、ファイルシステム毎に単位が決まっており、512バイトから128Kバイトとなっているケースが一般的です。現在、使われているファイルシシステムではすべて4Kバイト(8セクター)以上が最小単位のクラスターサイズとなっているのがほとんどです。

 

一部、ウィンドウズ98やME、USB外付けHDDではFAT32のファイルシシステムであったため、512バイトからとなっています。このクラスタは必ずしもディスク上で連続してまとめられている訳ではありません。複数のトラックにまたがるケースも良くあります。

 

キャンペーン

「サイズ」と「ディスク上のサイズ」

 

「サイズ」がファイルの実際のファイル容量です。ですが、ハードディスクはクラスタ単位でデータを扱うため、ファイルの実サイズとディスクサイズが異なります。

 

例えば、4Kバイトのクラスタだと、例え、たった1バイトのファイルでも、ディスク上では4Kバイトを使用する事になります。そのため、実際のファイルサイズよりも、「ディスク上のサイズ」の方が大きくなります。

 

この逆は起きませんが、また「ディスク上のサイズ」が実際のデータサイズよりも小さくなることはありません。

 

特にデータサイズは多くないのに、「ディスク上のサイズ」が極端に増えるケースがあります。それはファイル数が多いケースです。そのため同じ実際の「データサイズ」が同じでもも、ファイル数が多いケースでは、「ディスク上のサイズ」が増えてしまい大きく違うケースが発生します。

 

注意が必要なクラスタギャップ

 

気を付けなければいけないのは、フォルダのプロパティで「データサイズ」だけを確認し、「ディスク上のサイズ」を確認し忘れたケースです。

 

この状態で、ハードディスクにデータを移動したり、コピーしたりしようとした場合、空き容量がギリギリの場合、「ディスク上のサイズ」を超えてしまい、コピーできないことがあります。このようなUSB外付けHDDなどの記録メディアにコピーする場合、「データサイズ」だけではなく、必ず「ディスク上のサイズ」を確認すように気を付けましょう。

 

データの種類や数などによっても「データサイズ」と「ディスク上のサイズ」がほとんど同じだったり、全く違うケースがありますが、これら「サイズ」と「ディスク上のサイズ」の差をクラスタギャップと呼びます。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671