ハードディスク 故障 症状

ハードディスクの故障と症状

MENU

ハードディスクの故障

ハードディスクは突然壊れることが多いのですが、何らかしらの兆候があることも少なくありません。こうした異常の兆候を察知して速やかに対応することがデータを活かすために重要です。また故障にはデータ領域の破損等の論理的な故障やプラッターの破損等に代表される物理的な故障があります。

 

  1. データの読み込みや書き込みでエラーがでる。
  2. フォルダーが開けない。
  3. 表示が異常に遅い。
  4. 異音がする。
  5. アプリケーション等のインストールができない。
  6. データの保存に異常に遅い。

 

OSの起動エラーメッセージ

 

  • 「OPERATING SYSYEM NOT FOUND」
  • 「NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restart」
  • 「DISK BOOT FAILURE〜」とエラーメッセージが表示される。

 

 

パソコンの電源を入れると最初にROMに記録されているBIOSが起動します。ここで問題がなければBIOSはブートディスクを探します。これを「BOOT SEQUENCE」と呼び、通常はFD、CD-ROMまたはハードディスクです。

 

ブートディスクが決まると最初にセクターを読み込みます。この最初のセクターのことを「MBR(マスターブートレコード)」と呼び、ここにOSの起動プログラムが記録されています。

 

MBRはハードディスクの一番最初のセクターで512バイトです。このMBRが壊れてしまうとパソコンはウィンドウズなどのOSを起動することができなくなります。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671