ファイルシステム 互換性

ファイルシステムの互換性

MENU

OSの違いによるファイルシステム互換性

現在、WindowsXPを使用されている場合、FAT16・FAT32・NTFSの全てのファイルシステムに対応しているため、どの形式のファイルでも読み取ることが可能です。

 

但し、Windows98・98SE・Meを使用している場合、注意が必要です。ファイルシステムがNTFSです。indows2000や WindowsXPのデータは読み取ることができません。一旦、Windows2000またはXPでFAT32でフォーマットしたハードディスクにデータを移してから、Windows98・98SE・Meで読み取る必要があります。

 

そのため現在、市販されている外付けHDDのほとんどはFAT32でフォーマットされており、LINUX系やマックOSなどの全てのOSからデータの読み書きが可能です。

 

FATとNTFSの対応状況

OSとファイルシステム互換性

 

ファイルシステムのNTFSはWindowsのNT系で使用されてきました。そのため、WindowsXP以降のOSは基本的にNTFSになり対応しています。

 

では、何故、FAT32が今でも使われているのか?

 

その理由はOS同士の互換性の問題です。Macユーザーとウィンドウズユーザー間のデータの受け渡しにはNTFSでは出来ません。そのためUSBの外付けHDDを始めとして、Macユーザーにも対応するため、今でも外部記憶装置の多くはFAT32のファイルシステムを採用しています。

 

ですが、FAT32にはデメリットや問題が1つあります。それが、1ファイルあたり4GB以上のデータを保存できないことです。全容量ではなく、1ファイル当たりです。

 

ワードやエクセルなどのオフィス系データだけであれば、1ファイルあたりのサイズは左程大きくなりませんが、動画やデータベースを扱い始めるとスグに、この1ファイルあたりの容量制限に引っかかり始めます。

 

この1ファイルあたりの容量制限をほとんど解除し、マックユーザーでもウィンドウズユーザーでも利用できる互換性のあるファイルシステムが「exFAT」です。

 

exFATとOSの互換性

 

exFATは、Windows XP SP2以降に対応した比較的新しいファイルシステムです。

 

 

Windows OSとMAC

exFAT対応状況

95

×

98

×

98SE

×

ME

×

XP

Windows XP SP2 以降

Vista

Windows Vista SP1 以降

7

8

10

MAC

Mac OS X v10.6.5以降で対応

 

 

「exFAT」の理論上の最大ファイルサイズは16EB(エクサバイト) となるため、ほとんど容量制限が解除されたファイルシステムといって良いでしょう。

 

 

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671