緊急時の対応方法

緊急時の対応方法

MENU

ハードディスクの論理障害と物理障害の緊急時の対応について

データが正常に使用できない要因として、『論理障害』と『物理障害』があります。お客様のハードディスク(HDD)がどちらの障害かは、初期診断で判明します。データのトラブルに気付いた場合、すぐに安全な方法でパソコンの電源をお切り下さい。

 

そのままコンピュータの使用を続けますと、復旧できた場合もデータが破壊されて読み出せなくなる恐れがあります。 またドライブの圧縮、データ障害後のデフラグ・スキャンディスクなども復旧に重大な障害をきたす恐れがあるので、作業をせずに電源をお切りください。

WINDOWSが起動しない

WINDOWSのロゴマークが表示され、起動モードの選択画面が表示される場合、SAFEモードで起動できるようであれば、接続機器であるプリンターやマウス、デジタルカメラなどを全てパソコンから取り外して、SAFEモードを起動させてください。

 

SAFEモードが起動するようであれば、データをコピーすることが可能です。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671