COB

COB TYPEのUSBメモリー物理障害などのデータ復旧料金

MENU

COBとは

COB

COBとはChip On Boardの略称です。ICチップを直接、回路基板上に樹脂で取り付けます。純金製のワイヤーで回路パターンとICチップを接続し、パッケージ加工しないためにスペース効率に優れ、記録メディアを超小型にする事が可能です。

 

通常のUSBメモリーはパッケージ加工のため5センチ〜6センチほどの大きさとなりますが、COB TYPEのUSBメモリーは2センチほどの大きさになります。通常のUSBメモリーは、そのサイズからかなり出っ張るため気をつけないとパソコンに接続した際に周辺のものとぶつかったり折れたりしてしまいますが、COBのUSBメモリーはパソコンに接続しても出っ張りがほとんど気にならないサイズになります。

 

但し、通常のUSBメモリーはデータチップとコントロールチップに分離しているため万が一、コントロールチップが故障してもコントロールチップを迂回し、データチップにアクセスすることでデータ復旧が可能なのに対し、COBタイプは一体型となっているため高度なデータ復旧技術が必要となります。


COB料金に該当するメモリーの種類

  1. COBタイプのUSBメモリー
  2. micro SDカード
  3. mini SDカード

COBタイプ物理障害料金表

 

メモリー容量:8GB未満

135,000円 → 85,000円(+消費税)

メモリー容量:8GB〜32GB未満

150,000円 → 95,000円(+消費税)

メモリー容量:32GB〜64GB未満

170,000円 → 115,000円(+消費税)

メモリー容量:64GB〜

お見積

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

COB TYPEのUSBメモリー物理障害などのデータ復旧料金関連記事

期間限定のデータ復旧サービス≪キャンペーン≫
只今弊社ブレインネットワークでは期間限定のキャンペーンサービスを実施中です。
データ復旧先メディア料金について
復元したデータをコピーして依頼品メディアとは別に納品いたします。このデータ復旧先メディアは記録メディア容量や復元データ容量によって変わります。通常、USB外付けHDD、USBメモリー、DVD-R、CD-Rのどれかになります。料金はメディアの種類によって変わります。
内蔵ハードディスクの取外し・組立て作業の料金表
弊社ではパソコンからやUSB外付けHDDなどから内蔵ハードディスクを取り外す料金は通常無料で行っております。そのためデスクトップPCやノートPCなどの媒体によらず弊社まで申込書と一緒に同梱してください。但し、多くの場合、無料でおこなっている内蔵HDDの取り外し作業ですが、一部のメーカーやモデルに有料となるものがありますのでご了承ください。
送料について
お客様のご住所から弊社までの送料はお客様負担でお送りください。弊社データ復旧サービスを正式にご利用いただいたお客様限定で只今、送料を弊社負担で発送させていただいております。
ご利用料金の支払い方法
弊社ではお見積書、復旧リストの他、可能な場合にはサンプルデータをお客様にメールに添付しお渡ししております。正式なデータ復旧サービスをご希望される場合、正式な復旧依頼のご返信とともに弊社指定の金融機関にお振込ください。このお見積書、復旧リストまでは無料で行っております。
データ復旧を希望される製品の発送方法および梱包について
故障したパソコンやハードディスクを弊社までご郵送いただく際には、購入時の箱などがある場合にはそちらをご利用ください。また箱がない場合にはヤマト運輸などにパソコン用や精密機器用の梱包材がありますのでそちらをご利用いただければと思います。ご不明な点があれば弊社までお問い合わせください。
デジカメ(SDメモリーカードなど)データ復旧料金
デジカメやデジタルビデオカメラ、携帯電話の多くはSDメモリーカードを利用する機会が多くあります。小型で記録容量も増え、大変便利な記録メディアですが、その構造上、データ消失のトラブルが多くあります。元々、記録回数に上限があり、故障しやすいので思わぬ時に突然、読み書きできなくなったりします。
RAIDサーバーのデータ復旧料金
バッフォーロー製のテラステーションやウィンドウズサーバー系、リナックスサーバーなどを運用している場合、レイド5などのRAID機能を利用しているケースが多くあります。1台程度の故障の場合、レイド機能で対応できますが、そのようなタイミングで続けてもう一台も故障したりするケースが良くあります。こうなるとRAIDが崩壊し認識不可となります。
BUFFALO(バッフォロー)製リンクステーションなどのデータ復旧料金
最近ではバッフォロー製のリンクステーションを中小企業だけではなく、個人の家庭でも利用するケースが増えています。ですが、このBUFFALO(バッフォロー)製のリンクステーションなどのNASはLINUX系ファイルシステムであるext2、ext3といった特殊なファイルシステムを使用しています。そのため論理障害、物理障害を問わず、トラブルが発生した場合に非常に厄介な代物となります。
アップル製Mac(マック)OSのデータ復旧サービス作業料金
携帯ではアイフォーンの人気が非常に高いのですが、それに併せてアイパッドやアップル製Mac(マック)を購入する人も増えてきています。元々iMacなども人気でしたが、iPadプロなどのiOSを利用した端末も増えています。弊社では、ウィンドウズ系のパソコンだけではなく、アップル製のデスクトップ、ノートパソコンのデータ復旧も対応可能です。
ランサムウェアの復元費用!Cryptowall 3.0の亜種に感染被害。弊社対応状況