RAID データ復旧料金

RAIDサーバーのデータ復旧料金

MENU

RAID(レイド)サーバーのデータ復旧料金

RAID(レイド)サーバーのデータ復旧料金については、故障しているハードディスク台数や故障原因や難易度、作業工程期間などの詳細が判明しない状況では、見積り料金にかなりの幅があります。

 

そのため、調査見積り料金は無料ですので一度、弊社までお問合せください。正式には弊社まで故障したRAIDサーバーをご郵送いただく必要がありますが、お問合せいただいた場合には、詳しいRAID(レイド)サーバーの状況をお聞きした上で、概算の見積り料金をお知らせいたします。

 

調査見積り料金 20,000円 → 無料
レイド(RAID、NASなど) 個別見積り

内臓ハードディスクの総容量別料金の目安

RAID(レイド)構成のハードディスクは障害が発生した場合には障害状況、故障ハードディスク台数などにより調査・復旧期間が大幅に変わるため料金も1台のみのHDD障害に比べて若干、高くなります。

 

100GB未満 90,000円 →  70,000円(+消費税) 〜
100GB以上 100,000円 →  85,000円(+消費税) 〜
500GB以上 130,000円 → 100,000円(+消費税) 〜
1TB以上 250,000円 → 200,000円(+消費税) 〜

 

RAID5構成のリンクステーションなどの場合、内臓ハードディスク台数は4台となることが一般的です。そのうち一台でも故障すれば、正常に動作しなくなります。但し、RAID5などの場合、それぞれのハードディスクにパリティと呼ばれるRAIDの構成情報が記録されています。正しい、パリティ情報を再構成することが出来れば、データを復旧することは可能です。

 

尚、物理障害の有無によっては、同じRAID5の4台ハードディスクであっても、データ復旧料金は数十万円も違いがあります。そのため、一度、ブレインネットワークまで一度、お電話でお問合せください。

対応可能なRAID構成

  • RAID0
  • RAID1
  • RAID1+0
  • RAID5
  • RAID6

 

過去の弊社実績RAID(レイド)サーバー

これまで弊社でデータ復旧実績のあるのRAID(レイド)サーバー機器の対応状況は下記の通りです。

 

  1. BUFFALO(バッフォロー・旧メルコ)
  2. IO-DATA(アイオーデータ)
  3. Logitec(ロジテック)
  4. Lacie(ラシー)
  5. PLANEX(プラネックス)
  6. YANO(ヤノ)
  7. Dell(デル)
  8. IBM(アイビーエム)
  9. HP(ヒューレットパッカード)
  10. Compaq(コンパック)
  11. 富士通
  12. NEC

RAIDのメリットと解説

RAID構成の基本思想は、万が一、一部のハードディスクが故障した場合でも、サーバーを正常に稼動させることにあります。例えば、ネットワークファイルサーバーの場合、稼働させたまま障害が発生したハードディスクを取り外して別のHDDに即座に交換することで、サーバーを停止することなく運用を続けることが出来ます。この機能を「ホットスワップ」と呼びます。

RAIDの種類と解説

RAIDには0〜幾つかのバージョンがあり、それぞれ様々な機能があります。

 

RAID 0: ストライピング

 

RAID(レイド)0は2台以上ののハードディスクに、記録データを分散して読み込みおよび書き込みを行います。非常に高速性に優れています。一般的にRAID0はストライピングと呼ぶことがあります。但し、耐障害性は低いデメリットがあります。例えば、2台以上のハードディスクを内臓しているサーバーなどで、たった1台のHDDがエラーを起こすと、全データが消失するため、RAID(レイド)0の故障率は1台のみのハードディスクに比べて非常に高くなります。

 

数年前までは、ハードディスクの容量も少なく、値段も高価だったため、個人の方を中心にRAID0を構成してサーバーを構築されていた方も多くいますが、今ではハードディスクの容量も多くなり、値段も安価となっため、そのメリットは非常に少ないものとなっています。

 

RAID 1: ミラーリング

 

RAID(レイド)1は2台以上ののハードディスクに、同時に同じデータを書き込む仕様となっています。一般的にはミラーリングとも呼ばれます。 このRAID1は耐障害性の高いことがポイントです。例えば、HDDが何らかの原因で故障した場合でも、残った1台が同時に故障することはほとんどないため、非常に高度な運用にも対応可能です。

 

また、以前は1台のハードディスク容量も少なく、料金も高いことがあったため、1台を全てバックアップに使う、こRAID 1(ミラーリング)はコスト的に難しいケースがありました。しかし、今日現在では、容量も増え、値段も安くなったことに加えて、その耐障害性の高さから、改めてRAID 1(ミラーリング)は見直されています。

 

 

RAID 5: パリティ分散記録

 

今日現在のBUFFALO製のリンクステーションを初めとした、NAS系のサーバーではRAID(レイド)5が使用されています。3台以上ののハードディスクに分散させて記録することで、耐障害性と運用効率が高いメリットがあります。RAID0のストライピングと同様、複数のHDDに分散しているため読み込む性能が高いのですが、書き込む際には「パリティ」を毎回、作成し直すために、若干、遅い傾向があります。

 

また、万が一の障害発生時においては、データ復旧の困難さから、高額な費用となるために、今日現在では、RAID 5(パリティ分散記録)のメリットとデメリットを運用前に検討する必要があります。

弊社データ復旧サービスでは、調査見積り料金は無料!

 

是非、一度、お問合せください。お問合せいただいた場合には、障害状況をお聞きした上で、予想される料金および日数等についてお知らせいたします。

データ復旧サービスのお申込はこちらから

データ復旧サービスお申込ダウンロード

お問合せはこちらから

電話番号

携帯電話からのお問い合わせはコチラから042-631-0671

RAIDサーバーのデータ復旧料金関連記事

期間限定のデータ復旧サービス≪キャンペーン≫
只今弊社ブレインネットワークでは期間限定のキャンペーンサービスを実施中です。
データ復旧先メディア料金について
復元したデータをコピーして依頼品メディアとは別に納品いたします。このデータ復旧先メディアは記録メディア容量や復元データ容量によって変わります。通常、USB外付けHDD、USBメモリー、DVD-R、CD-Rのどれかになります。料金はメディアの種類によって変わります。
内蔵ハードディスクの取外し・組立て作業の料金表
弊社ではパソコンからやUSB外付けHDDなどから内蔵ハードディスクを取り外す料金は通常無料で行っております。そのためデスクトップPCやノートPCなどの媒体によらず弊社まで申込書と一緒に同梱してください。但し、多くの場合、無料でおこなっている内蔵HDDの取り外し作業ですが、一部のメーカーやモデルに有料となるものがありますのでご了承ください。
送料について
お客様のご住所から弊社までの送料はお客様負担でお送りください。弊社データ復旧サービスを正式にご利用いただいたお客様限定で只今、送料を弊社負担で発送させていただいております。
ご利用料金の支払い方法
弊社ではお見積書、復旧リストの他、可能な場合にはサンプルデータをお客様にメールに添付しお渡ししております。正式なデータ復旧サービスをご希望される場合、正式な復旧依頼のご返信とともに弊社指定の金融機関にお振込ください。このお見積書、復旧リストまでは無料で行っております。
データ復旧を希望される製品の発送方法および梱包について
故障したパソコンやハードディスクを弊社までご郵送いただく際には、購入時の箱などがある場合にはそちらをご利用ください。また箱がない場合にはヤマト運輸などにパソコン用や精密機器用の梱包材がありますのでそちらをご利用いただければと思います。ご不明な点があれば弊社までお問い合わせください。
デジカメ(SDメモリーカードなど)データ復旧料金
デジカメやデジタルビデオカメラ、携帯電話の多くはSDメモリーカードを利用する機会が多くあります。小型で記録容量も増え、大変便利な記録メディアですが、その構造上、データ消失のトラブルが多くあります。元々、記録回数に上限があり、故障しやすいので思わぬ時に突然、読み書きできなくなったりします。
BUFFALO(バッフォロー)製リンクステーションなどのデータ復旧料金
最近ではバッフォロー製のリンクステーションを中小企業だけではなく、個人の家庭でも利用するケースが増えています。ですが、このBUFFALO(バッフォロー)製のリンクステーションなどのNASはLINUX系ファイルシステムであるext2、ext3といった特殊なファイルシステムを使用しています。そのため論理障害、物理障害を問わず、トラブルが発生した場合に非常に厄介な代物となります。
アップル製Mac(マック)OSのデータ復旧サービス作業料金
携帯ではアイフォーンの人気が非常に高いのですが、それに併せてアイパッドやアップル製Mac(マック)を購入する人も増えてきています。元々iMacなども人気でしたが、iPadプロなどのiOSを利用した端末も増えています。弊社では、ウィンドウズ系のパソコンだけではなく、アップル製のデスクトップ、ノートパソコンのデータ復旧も対応可能です。
COB TYPEのUSBメモリー物理障害などのデータ復旧料金
COBとはChip On Boardの略称です。日本語に訳すると「回路基板上に取り付けたICチップ」となります。超小型化したメモリーとなるため携帯電話、 スマホ、USBメモリーなどの一部に利用されています。利便性に優れる一方で故障時のデータ損傷、消失率は極めて高く、長期の記録に圧倒的に不向き な特性があります。
ランサムウェアの復元費用!Cryptowall 3.0の亜種に感染被害。弊社対応状況